ようこそ! 文学圏ホームページへ。


 

<更新情報>

2018年10月11日に各ページ更新しました。

 

兵庫県播磨地域を中心に活動をしている短歌結社の文学圏です。

 同人誌「文学圏」は、おかげさまで2014年7月に通巻700号となりました。

 昭和21年の初刊発行以来、実に70年もの長きにわたって 兵庫県内屈指の短歌結社として活動を続けているのです。

 

2007年6月に「姫路市芸術文化賞 文化年度賞」を受賞し、また、 2014年7月には「半どんの会文化賞」を受賞し、 今、もっとも注目を集めている短歌結社でもあります。 

「文学圏」の活動は、歌会の開催や機関誌の発行にとどまらず、 講演会や、地域の文化活動のお手伝いなど多岐にわたっています。 

 

みなさんも、短歌を通して自己表現をしてみませんか? 恋の歌、自然を愛する歌、家族の歌、社会批判の歌など・・・ 

ご興味がおありでしたら、ぜひ一度お問い合わせください。 新会員の募集は随時行っております。 

 



最新号の十首選

十首選 2018年10月号 (平成30年8月号掲載分より選歌) 

選者 飯田 進(コスモス) 

 

 

 

・ 志ん生にするか小さんか迷いつつ今宵は米朝を聴きて眠らむ  内山嗣隆

 

・ アイリスの花の下(もと)にて草を引き花の目線で仰ぐ天空  中嶋啓子

 

・ 東屋に一息ついて仰ぎ見るトンビは見下ろす先祖の墓を  塩見俊郎

 

・ 幾たびも聞きたる古き恋ばなし聞かされてゐるけふも茶房に  山本圭子

 

・ 「蝶の道」蝶に聞きたし紋白が雨のち晴れの庭を過ぎゆく  下村千里

  

・ 新緑の山の傾り夢の木にそよぐ短き房の山藤の花  馬塲久雄

 

・ ひとつだけぽつんとあるは朽ち木らしそれでも吾は座ってみたい  尾花栄子

 

・ わが家へ訪ねてくるる人々に鶯の鳴く五月末なり  藤田勝代

 

・ 掘割をゆきて木陰に休みたり後藤茂の碑を見上げつつ  岸本寿代

 

・ 台風のことなく過ぎし朝の庭無花果三つ色づきており  西村千代子

 

  


歌会のご案内

と き : 2018年11月2日(金)13時10分~

ところ : 姫路市花の北市民広場

       (兵庫県姫路市増位新町2丁目12)

ご見学希望の方は、「お問い合わせフォーム」より事前にお問合せください。



2016年6月以前の記事は

 文学圏 旧ホームページへ

http://happytown.orahoo.com/bungakuken/