ようこそ! 文学圏ホームページへ。


<更新情報>2017年4月11日に各ページ更新しました。

 

 

兵庫県播磨地域を中心に活動をしている短歌結社の文学圏です。

 同人誌「文学圏」は、おかげさまで2014年7月に通巻700号となりました。

 昭和21年の初刊発行以来、実に70年もの長きにわたって 兵庫県内屈指の短歌結社として活動を続けているのです。

 

2007年6月に「姫路市芸術文化賞 文化年度賞」を受賞し、また、 2014年7月には「半どんの会文化賞」を受賞し、 今、もっとも注目を集めている短歌結社でもあります。 

「文学圏」の活動は、歌会の開催や機関誌の発行にとどまらず、 講演会や、地域の文化活動のお手伝いなど多岐にわたっています。 

 

みなさんも、短歌を通して自己表現をしてみませんか? 恋の歌、自然を愛する歌、家族の歌、社会批判の歌など・・・ 

ご興味がおありでしたら、ぜひ一度お問い合わせください。 新会員の募集は随時行っております。 

 



最新号の十首選

十首選 2017年6月号 (平成29年4月号掲載分より選歌) 

選者 郡 英子(東加古川短歌会) 

 

 

 

・ 三千億をかけて廃炉にすると言ふ政治の数字計りがたしよ  下村千里

 

・ 微笑めばほほえみ返す手を振りてたまに逢う子のマフラー可愛ゆし  尾花栄子

 

・ 陽はおちて明るさのこる夕空を突きさす如く機影とびゆく  井奥輝明

 

・ 雪の夜は母の夜ばなし「鉢木」(はちのき)の浮かびしばらくこころ温とし  岸本寿代

 

・ 廃校の遊具もっこり雪被り晴れ渡る日の光遊ばす  青田綾子

 

・ 日の斑散る谷に横たう杉の木に赤紫の羊歯芽生えおり  馬場久雄

 

・ 窓近く干したる君の青いシャツ春めく日差し受けてゆれいる  永瀬絹子

 

・ 甥っ子が家族を集めて発表す僕は来年結婚します  中作裕子

 

・ 有線に「ふるさと」の曲流れ来てひと日の暮るる笠形は雪  段床陽子

 

・ 雨傘をひらき干しゐる足元に昨夜の雨粒こぼれて落つる  山本圭子

 

 


歌会のご案内

と き : 2017年7月1日(土) 13:10~

ところ : 姫路市花の北市民広場

       (兵庫県姫路市増位新町2丁目12)

ご見学希望の方は、「お問い合わせフォーム」より事前にお問合せください。



2016年6月以前の記事は

 文学圏 旧ホームページへ

http://happytown.orahoo.com/bungakuken/